集成材は使用しません。

集成材を使用しない理由

合板と同じく、現在の日本の住宅業界では約90%以上の住宅が構造材に集成材を使っています。
集成材のメリットは一定の品質で大量の生産が出来ること、又、限定した期間ですが、割れない、狂わない、反りにくいなどのメリットがあげられます。

しかし集成材は、断面寸法の小さい木材を接着剤ではり合わせて、造られる、材料であるため木工用ボンドなどの大量に化学物質を使用しています。
木工用ボンドの成分にはVOC(揮発性有機化合物) トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレン等が大量に含まれているため人体への影響もさることながら、所詮、張り合わせたものであるため、経年による薄利などの心配が考えられます。

グリーンライフ秋田は構造材はもちろん、階段、枠材、手すり、棚板まで、無垢材にこだわり集成材は一切使用しません。
(※既製品のキッチン、洗面化粧台などをお客様の要望で使われる場合は除きます。)

強度、粘りがなく、腐りやすい。シロアリに弱い。

 

集成材の材種は主にエゾ松・トド松・オウシュウトウヒなど、北欧の乾燥地域で育った樹種が多く、白い色をしているので「ホワイトウッド」という通称を持ちます。強度がなく、粘りのない樹種で腐りやすい木と言われています。北欧や北海道で使うにはさほど問題はありませんが、本州以西、つまり湿度の高いところではそこに住む微生物に攻撃されやすいのです。(一般断熱住宅は1年中、高断熱住宅は梅雨時期が危険と言われています。)

ところで、プラスチックの接着剤が果たして何年持つでしょうか。明らかに耐久性で無垢木には全くかないません。
プラスチックに無数のひび割れが生じ、自然崩壊していく様子は日常生活の中で多く体験しています。さらに、腐りに弱い木を使用していますので、湿気の多い日本ではどうなるでしょうか?

グリーンライフ秋田は、家を建てることがゴールではなく、建ててからが本当の家造りだという信念があります。どうしたら長持ちし、快適さを持続できるか?ということを追求した家造りを行っています。

①一定の品質で大量生産ができる。

②割れない。狂わない。
③加工しやすい。

 

①強度、粘りがなく、腐りやすい。シロアリに弱い。
②接着剤を大量に使用している為、VOCがでる。
③経年により、接着剤の剥離が心配される。

グリーンライフ秋田では・・・・

グリーンライフ秋田では、構造材には耐久性の強い「ヒバやヒノキなどの無垢材」を使用します。

現在日本で造られる一般住宅のほとんどが無垢材の割れや狂いのクレームを避けるために、一番大事な土台や構造材に集成材が使用されています。

 

グリーンライフ秋田では、米ヒバ、檜、杉(オプションでレッドシーダー)等耐久性の高い木材を構造体に使用します。
無垢材はシックハウス症候群の原因とされる化学物質を含まない。また天然無垢材は1300年の歴史を誇る法隆寺などがその強さを証明しています。

耐火性では木は燃えやすいと考えられていますが、無垢材はそう簡単には燃えません。
木の表面がある程度燃えると、黒く炭化した層ができます。この炭化層が酸素を運びにくくするため、中まで燃えるのには時間がかかります。

樹種の性質や材の乾燥状態、季節など、環境の影響を受けやすい無垢材。場合によっては反る、狂うなどして暴れたり、割れたりすることがありますがそれ以上に調湿機能をもち、またヒバやヒノキにはすぐれた殺菌力をもつヒノキチオールという成分が含まれ、ダニやカビ、白アリなどを寄せつけません。さらに樹木から発せられる香り成分、フィトンチッドには自律神経に作用して血圧を下げ、脈拍を安定させる効果があります。"木"をふんだんにもちいた家は、日々の精神的なストレスをやわらげてくれます。

 

木の細胞膜は長い糸状のセルロース分子であり、それが乾燥により結晶化が起こるからです。
※ただし針葉樹のみです。広葉樹(ケヤキ、サクラ、ナラ、タモ、ブナ等)は、セルロースの崩壊が早いため強度は下がってしまいます。

 

種 類

調 湿 効 果

V O C 発 生

強 度

集 成 材

無 垢 材

低い※1

高い

発生しない

発生する

バラつきがある

安定※2

※1 接着剤により膨張、収縮が出来ず調湿効果が劣る。

※2 ただし長期でのデータが無く接着剤の剥離が心配である。

グリーンライフ秋田では、階段材・手摺・棚板・窓枠材までをすべて無垢材を使用します。

一般的に、階段材は工場でプレカットされた集成材の階段を使用されています。
グリーンライフ兵庫は、コストアップすることなく、大工さんの手作業により無垢材の階段を大工さんが真心を込めてつくります。

 

無垢材と集成材の違い。

無垢材(ウエスタンレッドシーダー)

集成材とは一定の製造基準に基づいて、人工乾燥でよく乾燥し大きな節や割れなどを取り除き木目にそって、長さ・幅・厚さの方向に接着剤を使って集成接着した建築材料のことで、本物の無垢の木ではありません。 品質が安定してるという面で採用している工務店やメーカーは多いですが、品質が安定しているのは家を建てる前の数値です。

日本の住宅の平均寿命は26年というデータが出ていますが、その原因は壁内結露による構造躯体の劣化だとも言われています。 高温多湿の日本で接着剤で張られた柱や梁が、神社や仏閣のように長持ちするでしょうか?
しかも現在の住宅の多くは家をすっぽりとビニールシートで覆ってしまう造りである為、家が呼吸できなくなっています。 そのような住宅で、10年後、20年後も建築当初の数値と同じ強度がでるでしょうか?

では、無垢材はどうでしょうか。正倉院や法隆寺に見られるように、何百年と持っている建物は全て木造建築で、構造材には無垢材を使っています。

無垢材は伐採した後も強度を増すと言われています。

しかし、無垢材はその樹種によって強さが異なり、また 同じ樹種でも育った環境や成熟度、製材の部位、乾燥度合いによっても強度の違いがあります。

一般に市場に流通している柱・土台などの無垢構造材は、含水率が20%という基準で、集成材と同じ基準の含水率15%未満の無垢材は安定供給が難しく、また強度基準も集成材に劣るのが現状です。
さらに、集成材と同等の品質にすると「コスト高」になってしまうので、高品質の無垢材を使用しているところが少ないのです。

 

集成材

〒010-1413 秋田県秋田市御所野地蔵田5丁目22-20  TEL.018-874-8907

営業時間 10:00~18:00  定休日 水曜日・木曜日

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with muraokagumidesign