合板フローリングは使用しません。

合板フローリングを使用しない理由

日本のほとんどの家が「合板」と「石油製品」で建てられています。
屋根、外壁、床などの下地材はもちろん合板、なんと、床板、窓枠、幅木、見切り材などの仕上げ材までもほとんどが合板です。
いまや、合板無しで家をつくることは考えられないほどです。

合板は、割れにくく使いやすい為、多様に使用されていますが、単板の木理方向を縦・横交互に積層接着した製品の為接着材を多量に使用しています。
この接着剤の成分にVOC(揮発性有機化合物)トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレン等が含まれていますが、なぜか規制されていません。
また、万が一の火事で燃えた時に煙や有毒ガスを発生します。

①割れにくく使いやすい。

②大量に生産できるので価格が安い 。
③模様が均一で、反りが少ない 。
④大手のハウスメーカーが使っているという安心感がある。

 

 

 

①呼吸(調湿)しないので、夏は素足だと汗でベトベトする 。
②冬は裸足で立っていられないほど冷たい 。
③湿気や紫外線によって劣化が激しく、ベコベコになってしまう。

④接着剤から有害物質「ホルムアルデヒド」がでる。

⑤万一の火事で燃えた時に、煙や有毒ガスが発生する。

グリーンライフ秋田では・・・・

グリーンライフ秋田では、外壁の下地には「モイス」を使用します。

天然素材で優しい
モイスは消石灰・珪砂・バーミキュライトなどの天然素材から構成されています。製造過程でも接着剤などの有機材料は使用せず、有害物質を含みません。

 

地震に耐える
壁倍率3.8倍(木造軸組工法)!地震や台風によって建物に生じる力を負担しているのは、柱や梁ではなく耐力壁と言われる部分です。その耐力壁の強さを表すのが壁倍率です。この数値が大きいほど強い壁材ということになります。

 

>>モイスについて詳しくはこちらをご覧ください。

種 類

V O C

耐 荷 性

耐 震 性

調 湿 効 果

合 板

モ イ ス

発生する

発生しない

燃えない

燃える

壁倍率2.7倍

壁倍率2.5倍

高い

低い

グリーンライフ秋田では、フローリングには「無垢のフローリング」を使用します。

現在日本の住宅業界では約80%の住宅に合板のフローリングを使用していますが、これは造り手側が、安価で加工しやすい事が最大の理由です。
一般的に使用されている合板のフローリングは、見た目はきれいですが、接着剤で構成された合板に0.2mmの薄さの木目調プリント板を貼ったものです。
もちろん、これらの合板は有害ガスのVOCが、たくさん含まれていることは言うまでもありません。
住む人の健康と家の耐久性の事を考えれば無垢のフローリングに勝るものはありません。

 

自然素材の無垢に触れてみると、まずそのやさしさが伝わってきます。暑い夏の日、昔の家の縁側は、はだしで歩くとひんやりとして気持ちがよいものでした。それには、自然に汗を吸って温度を調節してくれる木の性質が関係していたのです。木は、乾燥すれば水分を吐き出し、湿度が多い時は水分を吸い込むことで、快適な環境を調整してくれる自然素材です。

加えて、目にやさしいさまざまなカタチの木目、冬でもじわっとあたたかい木の感触、懐かしささえ感じるやさしい香りなど、木には人に癒しを与えるたくさんの効果があります。自然素材の木のやさしさを実感できる家、それが「グリーンライフ秋田」の家です。

 

​①毎日森林浴気分を味わえる。

(無垢のフィトンチッドによるリラックス効果)

②子供の環境にもとてもよい。

(無垢のフィトンチッドによる抗菌・殺菌・鎮痛作用)

③自然素材特有の調湿効果がある。

(無垢材は製材された後も呼吸をして生きている)

④アトピーやアレルギーの心配が少ない。

(無垢材は化学製品を使わない)

※接着剤は不使用なので、有害物質も出ません。

⑤優れた断熱効果を持つ。

①無垢材は温度・湿度の変化で膨張したときは床が反り、乾燥して収縮したときは継ぎ目に隙間が空きやすい。

②パインや杉・ヒノキ材は柔らかいので傷がつきやすい。

③無垢材は100%自然素材のため、木目の色柄が均一でない。

④自然素材の無垢は合板に比べて価格が高い。

グリーンライフ秋田では、屋根・床の下地には「野地板(無垢材)」を使用します。

昔ながらの野路板は、合板に比べ、無垢材のため通気性や調湿効果に優れています。

また合板のように、接着剤やボンドを圧着しないため湿気や劣化によって薄利しない事も大きな理由の一つです。
また無垢材は乾燥により、板間に適度な隙間が空くことも、通気性を良くし、長持ちさせることになります。

 

合板に比べて通気性や調湿効果に優れ、乾燥によって板間にできる適度な隙間も、一段と通気性を高め、家を長持ちさせることになります。 構造用合板は、施工性も良く、単価も安いと言うメリットがありますが、湿気に弱く、家の解体現場で「ボソボソ」になっているものがよく見られます。

〒010-1413 秋田県秋田市御所野地蔵田5丁目22-20  TEL.018-874-8907

営業時間 10:00~18:00  定休日 水曜日・木曜日

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with muraokagumidesign