ダブル配筋高耐震ベタ基礎・基礎断熱

グリーンライフ秋田の基礎仕様「ベタ基礎」

一般的な基礎仕様 布基礎

“布基礎”とは、日本の住宅業界における最もスタンダードな基礎仕様です。地面から突き出しているコンクリートの壁、この部分を「立ち上がり」と言いますが、その上に建物の柱や壁が載り、その荷重を地面に伝える構造になっているため、ベタ基礎のように地盤に対し均等に荷重をかけることができません。

グリーンライフ秋田では、「ダブル配筋高耐震ベタ基礎・基礎断熱」を使用します。

高耐震ベタ基礎

グリーンライフ秋田では「ベタ基礎」が標準仕様です。ベタ基礎を採用していることの理由の1つとして、地盤への荷重のかかり方があります。ベタ基礎は、一枚の大きなコンクリートの板の上に建物が載ることで、地盤に対し家自体の荷重を均等にかけることができます。そのため、不同沈下の心配も少なくなります。

ダブル配筋

基礎には、基礎の耐久性を高めるため、鉄筋が埋め込まれています。一般的には「シングル配筋」と言って、1本の鉄筋が埋め込まれますが、グリーンライフ秋田では、「ダブル配筋」という名前の通り、2重に鉄筋を埋め込んでいます。鉄筋が2重に入ることにより、コンクリートの厚みも厚くなり、さらに強度を増します。​

この「ダブル配筋」は、ガソリンスタンドの基礎仕様(消防法 危政令 第13条)と同等です。

平成7年の阪神・淡路大震災においては、周辺の建物・家が倒壊・焼失する中、ガソリンスタンドが街区の延焼を食い止めるといった現象が数多く見られ、ガソリンスタンドの安全性の高さが注目されました。また、平成16年に発生した新潟県中越地震の際にも、多くの家が倒壊・焼失する中、ガソリンスタンドの被害は軽微にとどまり、地域住のために石油製品の供給に役立てられました。

「グリーンライフ秋田」ダブル配筋 ベタ基礎

「一般的な住宅」シングル配筋

一目で分かる

この違い!!

配筋の本数も耐久性に大きな影響を与えますが、鉄筋1本1本の太さ・配置位置もとても重要なポイントです。 上記は、一般的な基礎配筋と、グリーンライフ秋田の基礎配筋の比較断面図です。グリーンライフ秋田の基礎の方が、鉄筋が太いだけでなく、密に配置されていることがお分かりいただけると思います。

ダブル配筋の強さが証明された事例

平成7年の阪神・淡路大震災においては、周辺の建物・家が倒壊・焼失する中、ガソリンスタンドが街区の延焼を食い止めるといった現象が数多く見られ、ガソリンスタンドの安全性の高さが注目されました。 
また、平成16年に発生した新潟県中越地震の際にも、多くの家が倒壊・焼失する中、ガソリンスタンドの被害は軽微にとどまり、地域住民のために石油製品の供給に役立てられました。

阪神・淡路大震災直後の神戸市内(兵庫県石油商業組合提供)

新潟中越地震で被災した地域に物質を運ぶ自衛隊車両に給油するガソリンスタンド(2004年10月)

震災で安全性の高さが証明されました。
このことから、グリーンライフ秋田は「ダブル配筋ベタ基礎」を採用しています。

基礎の剛性・家の耐震性を高める「コーナーハンチ」

さらに家の耐震性を高めるために「コーナーハンチ」を施工します。 家には台風や地震により ねじれの力がかかり、家を支えている基礎がこのねじれを受け止めることになります。特に基礎の角に当たる部分に強い付加がかかるため、コーナー部を斜めに切って三角(コーナーハンチ)をつくり、基礎の剛性を高め、家の耐震性を向上させています。

基礎断熱とは

基礎断熱とは、基礎の立上り部分に断熱材を施工し、建物の外周部で全ての断熱を行う工法です。床下と室内それぞれの温度差が少なくなり、より快適な空間を実現します。基礎断熱工法は、元々床断熱に替わる断熱技術として外国で生まれ、北海道の住宅で試行、検証され、昭和50年代に寒冷地の汎用技術として確立しました。

基礎断熱に使用する現場発泡断熱材「アイシネン」

アイシネンは、現場発泡方式の断熱材です。 現場できめ細かく発泡し充填するため、断熱欠損を防ぐことができます。独自技術の特殊構造により、吸水性を抑えるなど、他の商品には無い性能も備えたことが特徴です。 化学物質を一切含まないVOCフリーで、次世代省エネ基準もクリアした環境にも人にも優しい商品です。

〒010-1413 秋田県秋田市御所野地蔵田5丁目22-20  TEL.018-874-8907

営業時間 10:00~18:00  定休日 水曜日・木曜日

© 2023 by Demi Watson. Proudly created with muraokagumidesign